2007年07月06日

紫外線からの慢性ダメージ

紫外線を受けることによって起こる症状は、まず日焼けです。

これは目に見えるから分かりやすいですが、紫外線による被害はそれだけではありません。実は。これは急性の症状であって、その下に慢性の症状となる要因を受けているのです。

慢性の紫外線からのダメージは、10年後、20年後に起こります。

それは、しみやしわ、さらにはもっと重い病気に進展する可能性もあります。

紫外線を防ぐために傘を差したり、帽子を被ったりするのは当然ですが、紫外線は、反射するというところにも注意しましょう。

下からの攻撃にも備えるのです。つまりクリームを塗ったり、サングラスをしたり、あらゆる角度からの紫外線対策が必要です。
ラベル:紫外線対策
posted by 紫外線対策 at 09:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/b0y4g9a0/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/b0y4g9a0/?mode=edit&title=%3F%3F%3FO%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3Fb&address=http%3A%2F%2Fshigaisen874%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/b0y4g9a0/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2007年07月06日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。